ファッション ザ・ノース・フェイス

【徹底比較】1万円代で購入できる3着のジャケットは何が違うの?

 

 

1万円代で購入できるけど違いがわかりにくいジャケット3選

 

 

1・シルエット/形

3点紹介

 

【ベンチャージャケット】 ベージュ

 

 

【マウンテンソフトシェルフーディ】 黒

 

 

【スワローテイルフーディ】 ネイビー

 

 

3点とも値段は1万7千円ぐらいと同じ価格帯になっています。

 

サイズ感

 

・178cm 69㎏

 

 

『ベンチャージャケット』 【XLサイズ】

 

袖にベルクロがあるので多少袖が長くても大丈夫です。

身幅にも少し余裕があります。

 

 

 

 

『マウンテンソフトシェルフーディ』 【Lサイズ】

 

少し生地が伸びます。

 

比較的スタイリッシュなシルエットで

身幅はゆとりがなくジャストサイズです。

 

ワンサイズ上げてもいいんですがストレッチが効いてて伸びるので

ワンサイズ上げる必要がないので

ジャストサイズで着るのが適正なサイズ感だと思います。

 

 

 

 

『スワローテイルフーディ』 【XLサイズ】

 

少しゆったりしています。

 

 

 

 

2・重さ/収納

 

収納方法

 

【ベンチャージャケット】

 

付属の袋が付いていて

クルクル丸めて袋に収納します。

 

 

 

 

【スワローテイルフーディ】はフードの部分に収納があります。

 

フードをひっくり返してそのまま入れていけば収納できます。

 

袋を持ち歩かなくても収納ができて良いですね。

 

 

 

 

2つとも同じぐらいの大きさです。

 

 

【マウンテンソフトシェルフーディ】は持ち運びができないんです!

 

持ち運びするようなジャケットではなくて着たら着っぱなしで

脱ぐことを考えてないです。

 

計量

 

マウンテンソフトシェルフーディ 「218g」

 

 

スワローテイルフーディ 「162g」

 

 

ベンチャージャケット 「218g」

 

 

『マウンテンソフトシェルフーディ』『ベンチャージャケット』はほぼ同じ重さです。

『スワローテイルフーディ』だけ50gぐらい軽くなっています。

 

スワローテイルフーディが1番持ち運びやすいですね~

軽くて付属の袋がいらないのですぐ収納できます。

 

マウンテンソフトシェルフーディは同じような価格帯で売ってるけど

持ち運ぶようなジャケットではないですね。

 

ベンチャージャケットは持ち運べるジャケットで

なぜ付属の袋があるのか?

理由は次でわかります。

 

3・水槽チャレンジ

 

ホンマに水に濡れないの?

 

水槽に肘を入れて濡れないか確認をしていきます。

 

結論から言うとベンチャージャケット以外は濡れるんです!

 

他の2点は水は弾くけども撥水しかしないです。

 

 

【スワローテイルフーディ】

水は弾くけども防水ではないので水に入れてると濡れてきます。

 

 

 

【マウンテンソフトシェルフーディ】

最初の10秒ぐらいは大丈夫なんですが

15秒か20秒ぐらいしたら空気が抜けます。

 

空気が抜けた瞬間にビチャビチャって濡れてる感じがします。

 

 

 

【ベンチャージャケット】は防水のジャケットになっています!

 

なので濡れないのはそうなんですが

防水ジャケットだから濡れた後に

カバンにしまう時ようとして付属の袋があるんです!

 

袋に入れておけばカバンの中は濡れないですね。

 

 

 

 

防水で濡れないベンチャージャケットが良いじゃん!ってなってきますよね?

 

値段も同じだしコンパクトにもなるし防水だし最強じゃん!ってなってくるけど

このジャケットにはものすごいデメリットがあるんです!

 

ベンチャージャケットのレビューでもお伝えしてるので

もし購入を検討されてる方がいらっしゃったら

そのデメリットは知っててもいいかなと僕個人的には思います。

 

 

4・それぞれのおすすめ

 

 

【ベンチャージャケットのおすすめの人】

 

・天候が不安な方

 

その日の天候がどうなるかわからない時などに

 

特に春~夏ぐらいのシーズンに向けて

梅雨時期に着たいという方には使える1着になってくるかなと思います。

 

秋冬とかは寒いのでこんなに薄かったら耐えられないので

春夏の雨の時に特化してるようなジャケットになっています。

 

 

 

 

 

【マウンテンソフトシェルフーディがおすすめの人】

 

このジャケットはストレッチ性が特徴的で

タイトに着てるけどストレッチ性があるので

着ていて楽というか着ている感じがないですね。

 

先程、持ち運びができないと言いましが

これがデメリットに感じるかもしれませんが

持ち運びが出来なくても違和感のないぐらいストレッチを利かせてるので

着てるのを忘れるぐらい着心地がいいです。

 

収納はできないけど1日着るとか活動するという方には

こいうジャケットが良いかなと思います。

 

時期的にいうと春夏秋の運動する時など…

 

街着でオシャレしたい方ではなく

あくまで運動がメインですね。

 

 

 

 

 

【スワローテイルフーディがおすすめの人】

 

1番オールマイティかなと思います。

 

持ち運びもしやすい!

 

しかも持ち運ぶ為の袋をわざわざ持ち歩かなくても

フードに収納できるからめんどくさい人とか

うっかり忘れ物しちゃう方には使いやすいかなと思います。

 

小さくもなるし軽いし劣化もしないので長く着られます。

 

特に私服の時に着たい方はこのジャケットが1番良いかなと思います。

 

 

 

 

 

以上がノースフェイスの1万円代で買えるジャケット3つです。

 

より高スペックな物がほしい!もっと本格的な物が欲しい方は

2万円3万円出していけばあるんですが

低価格帯でみると今回紹介したジャケットなどになってきます。

 

 

 

【ブログ担当のK山の一言】

 

最初は見ためも値段もほぼ一緒で

何が違うのか全然わからなかったけど

違いがわかりました!

 

お店で見たらただの色違いにしか見えないなぁ…

 

この3つだったら『スワローテイルフーディ』が

劣化しなくていいなぁと思いました!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

takuzooo

はじめまして。奈良出身大阪在住。YouTuberのタクゾーです。私は平成元年に「ケーキ屋」の息子として誕生。小中と野球に明け暮れ、高校生の頃は偏差値34の高校に通い、その後もう勉強のすえ高校から唯一1人でセンター試験を受け無事大学に合格。その後大学を退学・教員採用試験に合格・うつ病発症・YouTuber転身。

-ファッション, ザ・ノース・フェイス
-, , ,

© 2022 元教員タクゾーの落書き