ファッション

【驚異のコスパ】進化し続けるモンベルの「ストームクルーザー」

 

 

1982年から販売されるモンベルのモンベルの“名作”ジャケット!

 

 

ストームクルーザー(モンベル)

 

 

1・形・ディテール

 

・中央のジップは止水ジップ

・内側にインナーのフラップが採用されている

万が一止水ジップから水が入ってもこの生地が防いでくれる!

 

 

・両脇に止水ジップ付きのポケット

雨が入らない設計になっている!

 

 

・裾のドローコード

全体に紐がなく両サイドのみ!

 

2・特徴(モンベルならでは)

 

「完全防水」細かい部分まで

 

生地は絶対濡れない“ゴアテックス”という生地を使用している!

 

 

ジップの内側にフラップがあったり

ジップの上に生地があり水が入りにくい設計になっている!

 

 

他メーカーより丈夫な生地

 

・ナイロン生地を採用

 

 

 

・様々な生地がある中でナイロン生地が一番丈夫

 

・自社で開発したナイロンを2倍強くしている

 

・例え引っかけて破れてもビリビリに破れにくい

 

・20デニールと薄い

 

・薄いだけではなく他社とは違う強い生地を採用している

 

 

着心地が良い“裏”生地

 

ゴアテックスでもジャケットの目的によって貼る裏生地が違ってくる!

 

 

 

肌にあたっても着心地が良い“C-ニットバッカー”というものを使用している!

 

 

 

C-ニットバッカー

 

ふわっとした網目があり

触ってもわからないが実際肌に触れてみると

雨具特有のベタッとした感じはない!

 

 

 

着心地が良いものが採用されている!

 

K-monoカット (裁断を減らす)

 

無駄なカットを減らして縫い目を減らしてる!

 

着物からインスパイアーして

より無駄なカットを減らして縫製を減らしていけば

網目から水の侵入もなくなり高機能なジャケットが作れると考えられたみたいです!

 

脇の部分に縫製はあるが肩の部分には縫製がないです!

 

3・デメリット

 

現時点ではデメリットが見つからない!

 

 

細かい部分まで考えられて作られてるのでデメリットがほぼない!

着心地が良い・無駄なカットがない・生地も薄いから動きやすい・収納もできると

考えたら悪い部分がない!

 

 

ただ一点気になるところは裾のドローコード!

前と後ろにはドローコードがないので風が入ってきやすいかなと思います!

 

ゴムがあったらよりフィット感が増すと思います!

 

4・おすすめの人/サイズ感

 

おすすめの人

 

メーカーとしては登山のレインウェアーとして作ってるが

雨の時など街中で着用してても良いと思います!

 

 

254gと軽くコンパクトに収納できるので

使わない時はカバンなどに入れておけるので邪魔にならないと思います!

 

 

サイズ感

 

178cm 69㎏ Lサイズ

 

ユニクロよりは若干大きいがパタゴニアほど大きくはない!

 

日本メーカーにすると大きく感じるが海外メーカーほど大きくない!

 

普段のサイズ感でいいと思うが若干大きめと思っていたらいいと思います!

 

 

 

ご購入の参考になれば幸いです!

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

takuzooo

はじめまして。奈良出身大阪在住。YouTuberのタクゾーです。私は平成元年に「ケーキ屋」の息子として誕生。小中と野球に明け暮れ、高校生の頃は偏差値34の高校に通い、その後もう勉強のすえ高校から唯一1人でセンター試験を受け無事大学に合格。その後大学を退学・教員採用試験に合格・うつ病発症・YouTuber転身。

-ファッション
-, , ,

© 2022 元教員タクゾーの落書き