お役立ち情報

【本嫌いなあなたへ】オススメの2つのアプリ

スポンサードリンク

あなたは本を読むのが好きですか?

僕は大嫌いです。学生時代も国語で物語を読んだり現代史を解こうとすると必ず、文字を読まないといけないですよね・・・

「これ誰か読んでくれよ」と何度思ったことか・・・

そして誰かが読んでくれて聞くだけなら俺でも本の内容は理解できるねんけどな〜

 

と思ってたら最近プロのナレーターとか声優やAIが本を読んでくれるアプリがあると知り「これ後10年早かったら俺も本好きになったで!!」と思いましたが時間は戻せないので今から好きになっていこうと思います。

 

きっと僕みたいに本を読むのが「嫌い・苦手・めんどくさい」がいらっしゃると思いますのでそんな方にはオススメのアプリをご紹介いたします!

実際両方とも僕も使っておりますので参考になれば幸いです。

本が嫌いな理由

本って好きな人と嫌いな人はっきり分かれますよね?

大体「本が嫌いな人」は以下のような理由があるのではないかな?と思います。

時間がかかる

とにかく本って読む終わるまでに時間かかるんですよね〜

そして本を読む友人とかに話を聞くと

「本って気になる部分だけで読んでも良いねんで?」

そう言われても飛ばして読みたくないから最初から最後まで読もうとするが結局時間がかかりすぎるため断念・・・・

読む習慣がない

そもそも休みの日とか空いてる時間に本読む習慣ってないですよね?

本を読む人たちはカフェや図書館や通勤時に読む人もいますが、僕みたいに本を読まない人にとっては「その時間はスマホを見て娯楽を楽しむ時間やろうがい!」と思ってしまいません?笑

なのでいつになっても本を読む時間は皆無・・・

読み終わっても内容を覚えていない

なんとか自分が好きなジャンルの本なら最後まで頑張って読めますが・・・

読んだ後思うことが「これって最初どんな話やっけ?」

そしてその謎が解けないまま、本をぱたっとしめて一生封印!!

その本を次見る時は

・売る時

・模様替えをする時

大体こんな時は埃まみれ状態ですよね〜

これが本を読まない人のあるあるだと思いますが、僕がこれなら本に気軽に関われると思ったアプリをご紹介しますね!

Amazon オーディブル

⬆︎これがAmazon オーディブルですがこちらは現在無料で使えるのでAmazonプライムに加入しているユーザーならお得です。

音声がプロの声優

本を丸一冊プロの声優が読んでくれます。こんな贅沢なことあります?

学校の先生が国語の時間に本を読んでくれているだけでも「やっぱ先生が読んだら内容わかりやすいな〜」と思ってたのに、本格的なプロの声優やナレーターや有名俳優の方が朗読してくれています!

そのため本を選んで読んでもらうのも良いですが、読んでくれる人から選んで本をチョイスする楽しさもあります。

月額会費「無料」期間中

本来は月額有料のサービスですが、現在(2020,7月)は1ヶ月間は0円で使用できるので一度試す価値はありです!

ちなみに僕はメンタリストDAIGOさんの本をチョイスしました。

 

flier(フライヤー)

 

 

 

あなたは本を読むのが好きですか?

僕は大嫌いです。学生時代も国語で物語を読んだり現代史を解こうとすると必ず、文字を読まないといけないですよね・・・

「これ誰か読んでくれよ」と何度思ったことか・・・

そして誰かが読んでくれて聞くだけなら俺でも本の内容は理解できるねんけどな〜

 

と思ってたら最近プロのナレーターとか声優やAIが本を読んでくれるアプリがあると知り「これ後10年早かったら俺も本好きになったで!!」と思いましたが時間は戻せないので今から好きになっていこうと思います。

 

きっと僕みたいに本を読むのが「嫌い・苦手・めんどくさい」がいらっしゃると思いますのでそんな方にはオススメのアプリをご紹介いたします!

実際両方とも僕も使っておりますので参考になれば幸いです。

本が嫌いな理由

本って好きな人と嫌いな人はっきり分かれますよね?

大体「本が嫌いな人」は以下のような理由があるのではないかな?と思います。

時間がかかる

とにかく本って読む終わるまでに時間かかるんですよね〜

そして本を読む友人とかに話を聞くと

「本って気になる部分だけで読んでも良いねんで?」

そう言われても飛ばして読みたくないから最初から最後まで読もうとするが結局時間がかかりすぎるため断念・・・・

読む習慣がない

そもそも休みの日とか空いてる時間に本読む習慣ってないですよね?

本を読む人たちはカフェや図書館や通勤時に読む人もいますが、僕みたいに本を読まない人にとっては「その時間はスマホを見て娯楽を楽しむ時間やろうがい!」と思ってしまいません?笑

なのでいつになっても本を読む時間は皆無・・・

読み終わっても内容を覚えていない

なんとか自分が好きなジャンルの本なら最後まで頑張って読めますが・・・

読んだ後思うことが「これって最初どんな話やっけ?」

そしてその謎が解けないまま、本をぱたっとしめて一生封印!!

その本を次見る時は

・売る時

・模様替えをする時

大体こんな時は埃まみれ状態ですよね〜

これが本を読まない人のあるあるだと思いますが、僕がこれなら本に気軽に関われると思ったアプリをご紹介しますね!

Amazon オーディブル

⬆︎これがAmazon オーディブルですがこちらは現在無料で使えるのでAmazonプライムに加入しているユーザーならお得です。

音声がプロの声優

本を丸一冊プロの声優が読んでくれます。こんな贅沢なことあります?

学校の先生が国語の時間に本を読んでくれているだけでも「やっぱ先生が読んだら内容わかりやすいな〜」と思ってたのに、本格的なプロの声優やナレーターや有名俳優の方が朗読してくれています!

そのため本を選んで読んでもらうのも良いですが、読んでくれる人から選んで本をチョイスする楽しさもあります。

月額会費「無料」期間中

本来は月額有料のサービスですが、現在(2020,7月)は1ヶ月間は0円で使用できるので一度試す価値はありです!

ちなみに僕はメンタリストDAIGOさんの本をチョイスしました。

Amazonプライムへまだ加入されていない方はこちらをどうぞ!

アマゾンプライムの登録を世界一わかりやすく解説。5分で出来る

 

月額500円なのでランチ一食分で送料が無料になったり映画を見放題になったりするので、おそらくあなたの家族や友人も加入されている方が多いサービスだと思います。

flier(フライヤー)

 

こちらはビジネスマンならとにかくすぐにダウンロードした方が良いです。

プランは3つで

・無料

・月額500円

・月額2000円

と言う風に分かれているのですがこのアプリの特徴は以下のようになります。

一冊が10分ほどで理解できる

忙しいサラリーマンの方なら本を読む時間も少ないと思いますが、こちらのアプリは一冊10分から15分で理解できるように「要約」されているので大まかな内容を理解することができます。

そしてもちろん読み上げ機能も付いているので通勤などの時間にサクッと本を理解することができます。

 

ただ一つ残念なのが読み上げしてくれるのがAIというところでしょうか・・・

少し味気ないというか・・・感情がこもってないというか・・・

でもまあ無料なのでそこは仕方ないです!

新しい本がすぐに追加される

今本屋さんで出版されているような最新の本であっても要約されていて内容を知ることができます。

「これってついこの前の話題やんな?」みたいな本があってこれはすごいな〜と思ったと同時に・・・

まずこの本を書いた人もどんなスピードで書いてるん?と少し疑問に思いましたがそれくらいのスピード感で追加されます。

ただこれも無料だと読める本に制限があります。

そして月額500円だと月に5冊までは有料の本が読める使用となっていて、僕が加入しているのは月額2000円のサービスでこれは有料・無料関係なくすべての本が何冊でも自由に読むことができます!

お忙しい方は月額500円で月に5冊読めれば十分って方もいれば、通勤で聞きたいから2000円の方が良いと人によって向いてるプランが違うので一概に言えませんが、本が苦手な人はこういったサービスを使えば少しでも苦手意識が克服できるかもしれません!

まとめ

ちなみに僕は、この読み上げアプリを使ってから本に対してマイナスなイメージがなくなりました。

それよりも新しい情報や考えが知れて良かったと思っています!

なぜかというと、日本人の成人って1日の勉強量ってたった6分しかないらしいですよ!

どんだけ勉強せえへん国民やねん!って感じですが、これは本読んでるだけで他の人よりも勉強していることになりますよね。

しかも頑張ってなくて、ただイヤホンを耳につけておくだけなので!

まずは無料からトライしてみてください!

これは案件でもなんでもなく僕の視聴者の方にはどんどんかっこいい大人になってもらいたいと思いますので〜

では!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

takuzooo

はじめまして。奈良出身大阪在住。YouTuberのタクゾーです。私は平成元年に「ケーキ屋」の息子として誕生。小中と野球に明け暮れ、高校生の頃は偏差値34の高校に通い、その後もう勉強のすえ高校から唯一1人でセンター試験を受け無事大学に合格。その後大学を退学・教員採用試験に合格・うつ病発症・YouTuber転身。

-お役立ち情報
-, ,

© 2020 元教員タクゾーの落書き