ファッション ザ・ノース・フェイス

【3大比較】ヌプシ、バルトロ、マウンテンダウンそれぞれの特徴が違い過ぎた

 

 

ノースフェイスの人気ダウンジャケットはこれを選べ!

 

 

 

よく動画でヌプシのダウンジャケット良いよ!と言ってたり

バルトロを勝手に10万円かけてカスタムしてみたり

それ以外には1番最初にマウンテンダウンを買って「これ最強です!」と言ってたりと

見てる視聴者の方は結局どれが良いの?と悩まれてしまうかなと思いましたので

今回は特に人気の3つのダウンジャケットそれぞれを見ていきます。

 

ヌプシジャケットは昔からあるダウンジャケットで

バルトロが2012年ぐらいに発売されて

マウンテンダウンジャケットは2017年ぐらいに発売されました。

 

それぞれ良いところもあれば悪いところもあったりします

“特にこういう方に向いてる” とか

“こういう方に向いてない” とかもあったり

ヌプシがXLサイズ、バルトロがLサイズ、マウンテンダウンがMサイズと

僕が購入した物はサイズが全部違います。

 

同じブランドなのにサイズを変えないといけないところも

面白いところでもあったりします。

 

1・ヌプシ・バルトロ・マウンテンダウン シルエット

 

 

インナーは黒のTシャツだけ着て着用していきます。

 

 

ヌプシジャケット【XLサイズ】

 

 

普段はLサイズが多いです。

 

ヌプシジャケットは2017年ぐらいから少しスッキリめになり

1サイズぐらい上げても全然着れるようなサイズ感になっています。

 

中にパーカーとかを着ようと思ったら1サイズ上げても

そんなに着ぶくれしないでスタイリッシュに着れるのが

ヌプシジャケットの特徴になっています。

 

 

 

バルトロ【Lサイズ】

 

 

結構、着ぶくれしてるというよりかは

大きめな感じに見えるかもしれません。

 

特に腕はパンパンです!

 

 

 

マウンテンダウン【Mサイズ】

 

 

マウンテンパーカーに近い印象があります。

 

そもそもの規格がゆったりしています。

 

 

2・ヌプシ・バルトロ・マウンテンダウン 疲れにくい

 

1番疲れるのはマウンテンダウンジャケットです!

 

単純に重さが重いというのは理由の一つですが

それ以外にも生地が頑丈なんです。

 

頑丈ってもちろん良いんですが頑丈がゆえに固さがあります。

 

なので着ててちゃんとジャケットを着てるなって感じがあるので

そういう意味ではこれ以上重いダウンジャケットは

沢山あるがこれが限界かなと思います。

 

これ以上、重たかったらただ疲れるだけだから

僕が1日着れるかなというのがこれくらいの重さになってます。

 

重さが1キロ以上あります。

 

次に疲れるのはバルトです。

 

これは900gぐらいあり布団に包まれてる感じはあります。

 

対してヌプシジャケットはもう少し軽いです。

 

600gぐらいで生地が薄いのでほとんど綿だけの重さです。

 

僕もそうなんですが

必然的に年を取ってくるとかっこいいダウンジャケットとか

かっこいい見ためとかよりも着やすさとか着心地を重視して

勝手に手に取ってしまいます。

 

そうなるとヌプシジャケットが1番着やすいと思います!

 

3・ヌプシ・バルトロ・マウンテンダウン サイズの選び方

 

みなさんが普段着てるサイズがあると思います。

 

普段着てるサイズでいくならバルトロが適正サイズだと思います。

 

マウンテンダウンジャケットを買う時に気を付けた方が良いのは

あまり普段のサイズで買ってしまうとちょっと大きいです。

 

もともとマウンテンパーカーをベースに作られてるので

どうしても中に着こむ事が考えられてたりとかいろんなところに隙間ができてきます。

 

なのでサイズ感的には1サイズ下でも大丈夫だと思います。

 

ヌプシジャケットは普段のサイズでも問題ないですが

僕みたいに1サイズ上げるのもアリです。

 

上げても1サイズまでだと思います。

 

2サイズも上げるとシルエットが崩れてきたり

保温力が下がるので1サイズぐらいだったら全然問題ないかなと思います。

 

ヌプシのサイズ感はどっちでもいけると思います。

 

バルトロはサイズを上げるともっと着ぶくれしてしまうので

シルエットがだらしないというか大きくなってしまうので

コーディネートが難しくなってきます。

 

なのでバルトロは適正サイズで良いと思います。

 

4・ヌプシ・バルトロ・マウンテンダウン 注意点/天候は?

 

買ってから気づいた注意点

 

僕が感じた注意点でもありますし

視聴者の方が感じた注意点でもあります!

 

 

【ヌプシジャケット】

 

これは迷彩ですがヌプシは明るめの色があり真っ黄色もあります。

 

それにすると中の綿が若干見えるらしいです。

 

ダウンには黒い綿も若干あったりします。

 

正式にはグレーなんですが

それが中から透けてたりするとちょっと安っぽく見えたりゴミっぽく見えてしまいます。

 

だけどダウンでグレーの綿は悪くもなんともなくてただの色違いなんです。

 

白かグレーかどっちかなんだけども

白だけ入れる事もできたりはするけどそれをするとコストが爆上がりするので

3万円とかで出来ないんです。

 

なので黄色とか明るめの色、特に透けやすい色を選ぶのは注意です。

 

それぐらい生地が薄くなっています。

 

でも着心地は良いです。

 

ゴアゴアしづらいので

そういうところがメリットでもあるけども

個体差はあるが色に注意した方がいいです。

 

 

 

【バルトロ】

 

これは特にありませんでした。

 

満足度は高いです。

 

逆にデメリットがないがゆえに完璧すぎて暑いと言う人もいます。

 

 

人によるかなと思うんですが

例えば首の部分にもダウンが入ってたりするので

マフラーがいらない仕様になってるし

さらに首の部分も高く設計されてるから

絶対に首を守ってくれるのが逆に都会では暑いので

手放しましたという人もいます。

 

なので完璧すぎて手放すという方もいるので

その辺がメリットなのかデメリットなのか

わからないんですがそういう話もあります。

 

 

 

【マウンテンダウン】

 

マウンテンダウンは外から見たらあまりダウン感がでていません。

 

内側にダウン感が出ています。

 

表の生地が丈夫だから外から羽が出てきません。

 

その分内側から出てくるので刺さります。

 

マウンテンダウンのちょっとしたデメリットだと思います。

 

外がしっかりと塞いでる分内側の生地が柔らかいから内側に刺してきます。

 

特にニットを着てダウンを脱いだらニットに綿が付いてる事があります。

 

マウンテンダウンの特性上仕方ないですが

外に最高級のゴアテックスを使うがゆえに中がちょっと弱くなってて

それをパーテックスというのでカバーしてるけど

これで破れてきたらもう仕方ないです。

 

対策として僕はダウンの羽を折って

これ以上の羽が出てくるのを防ぐしかないです。

 

 

どんな天候で着れる?

 

 

【ヌプシジャケット】

 

 

ヌプシジャケットは天候が限られています。

 

雨が降ってきたりしたら最初は弾いてくれますが

ある一定でビショビショになったら浸透してきてしまいます。

 

中がダウンなのでペタペタになって保温力が全くなくなります。

 

なので晴れの日しか着られないので

天候をちゃんと考えないといけないです。

 

 

 

 

【バルトロ】

 

 

大雨以外は大丈夫です。

 

どんなに風が吹いてても全く風を感じないし

それでいて小雨は全然問題ありません。

 

そういう部分ではヌプシジャケットより天候を選びません。

 

いろんな天候をカバーできます。

 

 

 

 

 

【マウンテンダウン】

 

 

嵐でも大丈夫です。

 

マウンテンダウンは

嵐がこようが何がこようが穴が開かない限り

一生この防水機能が落ちる事はないです。

 

穴が開いたら終わりです。

 

 

 

 

全部カバーしたいという方はマウンテンダウンが良いと思いますし

その日の天候をみながら考えるというやり方もあります。

 

 

 

【ブログ担当K山の一言】

どれも魅力的なダウンジャケットですが

住んでる場所や生活スタイルで

必要か必要じゃないか変わってきますね。

でも天候を気にしないで着られる

マウンテンダウンが安心して着られるかなと思います。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

takuzooo

はじめまして。奈良出身大阪在住。YouTuberのタクゾーです。私は平成元年に「ケーキ屋」の息子として誕生。小中と野球に明け暮れ、高校生の頃は偏差値34の高校に通い、その後もう勉強のすえ高校から唯一1人でセンター試験を受け無事大学に合格。その後大学を退学・教員採用試験に合格・うつ病発症・YouTuber転身。

-ファッション, ザ・ノース・フェイス
-, , ,

© 2022 元教員タクゾーの落書き