ファッション

【梅雨】便利すぎるファッションアイテム10選

 

 

梅雨時期に重宝するメンズファッションアイテム10点

 

 

1・くつ

 

1.本革ブーツ (GORE-TEX)

 

【ダナーのブーツ】

 

革のブーツって普通『濡れたら』ダメというイメージだと思いますが

これは “GORE-TEX” という完全防水のブーツなので

どんだけ濡れても大丈夫です!

 

ビショビショになっても

足が濡れないしブーツ的にも全く問題ないです!

 

なので梅雨の時期に結構履けると思います。

 

特に私服ですね

キャンプに行ったりとかアウトドアに行ったりとか

それ以外にバイクに乗る時などに使えます!

 

プライベートで履くならこういうブーツも良いかなと思います!

 

 

 

 

2/3.防水スニーカー (GORE-TEX)

 

【ホカオネオネのスニーカー2足】

 

・チャレンジャーロー

・カーハーロー

 

僕はGORE-TEXのスニーカーって

ホカオネオネをすごく推すんですよ。

 

GORE-TEXのコンバースとかバンズとかも出てて

おしゃれで良いと思うんですが

『歩き心地』『履き心地』が抜群に違うんですよ!

 

ホカオネオネの履き心地を知ってしまったら

他のスニーカーはもう買えないです。

 

僕はホカオネオネのスニーカーを買ってから

一切他のスニーカーを買ってないです。

 

 

個人的にどっちが好きかというと、、

 

ボリューム感があるのはカーハーロー

ボリュームがあるからゴツゴツとした感じで

 

チャレンジャーローの方がキレイな感じがあるので

チャレンジャーローの方が好きです。

 

 

 

 

4・スリッポン (防水ではない)

 

ノースフェイスのスリッポンみたいな感じでかかとがないです。

 

かかとがないから脱ぎ履きがしやすいのでスニーカーより楽です!

 

上の部分が合皮なので小雨は濡れないけど大雨は濡れます。

ただ他の部分は濡れます。

 

 

 

 

 

ブーツは上の方まで濡れないしスニーカーは履き心地が良いし

ちょっとその辺を歩く時だったらスリッポンで良いと思います!

 

 

2・パンツ

 

5.防水パンツ (GORE-TEX)

 

パンツに関してちょっと言わせてください!

値段が上がれば上がるほど履き心地がいいわけではないです!

 

 

【ワークマンのパンツ】【ノースフェイスのパンツ】

値段差的には10倍ぐらい値段が違うんですが

履き心地は全く一緒なんです。

 

それはなんでか?

素材が一緒だからです!

 

ナイロンという素材で

シルエットもほぼ違いはないんです!

 

じゃあ何が10倍違うの?

“GORE-TEX” かどうかなんです。

 

“GORE-TEX” はそれくらいとても良いんです!

大雨がきても大嵐がきても絶対に濡れないんです!

 

 

GORE-TEXだとなんでもいいの?

どこのブランドでもいいので “GORE-TEX”を

持ってたらそれで大丈夫です。

 

一番コスパが良い “GORE-TEX” はモンベルだと思います。

1万円切るぐらいであります。

 

 

 

 

3・リュック

 

6.防水リュック

 

【ブラックエンバー】

 

防水になっているので

この中に大事な書類とかPCを入れていても絶対に濡れません。

 

メーカーは「完全防水」とは公言していないが

個人的には何を入れてても濡れてないから

防水だと思い込んで使ってます。

 

 

値段はオプションとか付けると

4万円ちょっとして

リュックのなかでは値段が高いかなと…

 

そこまで高いのはちょっと……と言う方は

 

【アークテリクスのアロー22】

 

これも “ほぼ防水” なのでいいかなと思います。

 

値段は3万円くらいになります。

やっぱり防水だと値段が高くなりますね。

 

このリュックは表の部分しか防水になってないんですよ

なのでメインの部分は防水になってないから

PCなどを入れたら濡れてしまいます。

 

表の部分にちょっとしたものを入れる程度だったらいいと思います!

PCや書類を入れるとなるとアロー22は厳しいかな…

 

 

 

 

4・ジャケット

 

7.コスパジャケット (GORE-TEX)

 

最もコスパが良いジャケットは

 

【モンベルのレインダンサージャケット】

 

“GORE-TEX” なのに

値段が1万6千円ぐらいなんです!

 

どんな天候でも使えるのに

値段が安い!

 

 

 

 

8/9.中堅ジャケット (GORE-TEX)

 

値段を出してもいいからちょっといいのが欲しい方は

 

【ノースフェイスのクライムライトジャケット】

価格は3万円

 

【アークテリクスのゼータSL】

価格は4万円ぐらい

 

価格帯的にも中価格ぐらいです。

 

 

これだったら雨具としてだけじゃなく普通のファッションとしても着られます。

 

僕はバイクの教習でも使ってたりしました。

使えるシーンが多いジャケットです。

 

両方とも収納がコンパクトにできたりするので持ち運びがしやすくなってます。

 

値段が上げれば上がるだけ多機能になります。

 

 

 

 

10.最高峰のジャケット (GORE-TEX PRO)

 

もうワンランク上に行きたい方は

10万円ぐらいするが

 

【アークテリクスのアルファSV】

 

これはメチャクチャ良いです!

 

生地から高級感が全然違うんですよ!

ランクがグンと上がります!

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

takuzooo

はじめまして。奈良出身大阪在住。YouTuberのタクゾーです。私は平成元年に「ケーキ屋」の息子として誕生。小中と野球に明け暮れ、高校生の頃は偏差値34の高校に通い、その後もう勉強のすえ高校から唯一1人でセンター試験を受け無事大学に合格。その後大学を退学・教員採用試験に合格・うつ病発症・YouTuber転身。

-ファッション
-, , , ,

© 2022 元教員タクゾーの落書き