ファッション

【注意】ノースフェイス買う前に知らないと「失敗」「損」ジャケット発表

 

 

せっかく買ったのに劣化するジャケットってどうなの?

 

 

劣化してボロボロになっています。

 

 

このジャケットは「ノースフェイス」のアイテムです。

 

 

こちらは「パタゴニア」のジャケットです。

 

 

もともと劣化してたんじゃないの?とか

使い方が悪かったんじゃないの?とか

手入れが行き届いてないんじゃない?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし

 

この「ドットショットジャケット」が劣化していきます。

全く同じジャケットです。

 

 

パタゴニアの「トレントシェルジャケット」

高いお金を出して買ったのにこんなにボロボロになるなんて…

 

 

でも買う前にこれだけ知っておけば

こんなことにはなりません!

 

1・なぜボロボロに?

 

 

迷彩のドットショットは買って半年ぐらいなのでボロボロになっていません。

このきれいなグレーがどんどん剥がれてきます。

 

 

 

グレーのやつは生地ではなく『コーティング』がかけられてるだけなんです!

 

このコーティングの部分を大事にしても劣化はします。

 

劣化する原因は『時間』なんです!

 

時間が経てば経つほど絶対に劣化して

どんな取り扱いをしても、どんなに丁寧に扱っても

時間が経てば劣化してしまいます。

 

作った瞬間がピークで店頭に持って行くだけでも落ちていきます。

 

青のドットショットジャケットは借りてる物なんですが

どれくらいで劣化したのか聞いたところ

「3年前後でボロボロ・・」になったそうです。

 

 

個体差はありますが必ず劣化します。

それが5年の人もいればもしかしたら3年とか2年の人もいると思います。

 

空気によってボロボロになるので

コーティングされてる物は劣化すると覚えといてください!

 

手入れをしてもしなくても空気に触れたらアウトなので

水に触れても火に触れても関係ありません。

 

2・修理はできない?

 

アウトドアブランドは修理があります。

 

修理はしてくれるんですが

残念ながらコーティングの修理はしてくれないんです。

 

してくれないというよりかはできないんです。

 

何故なのか?

1つ1つコーティングを付けていくのは

ものすごく手間がかかります。

それを1着1着やることができなく

新品の値段を超えるぐらいのコストがかかってくるので

おそらく “できない” で統一してると思います。

 

劣化でも

ポロポロめくれてる人もいれば

ベタベタする人もいるので

その人によって違います。

 

なので修理はできないです。

ボロボロになってしまったらおしまいなんです。

 

せっかくコーティングのおかげで防水なのに

コーティングがなくなってしまうと

ただのナイロン生地になってしまいます。

 

だからビチョビチョに濡れてくるし防風性も全くありません。

 

着れるか着れないかというと着れます!

ただせっかくアウトドアメーカーを買ったのに何も機能もないです。

 

3・劣化するモデル

 

【ノースフェイス】だと

「ドットショットジャケット」「スクープジャケット」「ベンチャージャケット」

が劣化します。

 

 

【パタゴニア】だと

「トレントシェルジャケット」が劣化します。

 

 

どうやって見分ければいいの?

 

簡単です!

いろいろなブランドに “防水” とうたっているジャケットがあると思います。

そのジャケットに『ゴアテックス』のマークがあれば

ボロボロになることはないです!

 

 

ゴアテックスのマークがなくて

ノースフェイスだと「ハイベント」という防水の素材を使っていて

パタゴニアは「H₂No」という防水の素材を使ってるので劣化します。

 

ゴアテックスではないという事は劣化すると思って下さい!

 

ゴアテックスなら安心?

 

ゴアテックスだけ防水の仕組みが違います!

 

ゴアテックスを着ていれば絶対に濡れないですし風からも守ってくれます!

 

ゴアテックスが使われている物も

裏生地に同じようにグレーだから劣化するんじゃないの?と思うかもしれないが

これはちゃんとゴアテックスなんです。

 

 

上から付けたような防水ではなくて

生地と生地の間にゴアテックスという素材が使われてるので

剥がれたりすることはありません。

 

ゴアテックスは劣化しないんです!

 

 

テープを止めてる箇所が何箇所かあるんですが

これは剥がれてきます。

 

ただゴアテックスのテープが剥がれてくるのは修理ができるんです。

 

修理ができるので長く着る事ができます。

 

4・どうすればよい?

 

雨でどうしても必要な時だけゴアテックスを買って

それ以外の時は中途半端に防水の生地のジャケットを買わない!

 

防水のジャケットを買ってしまうと劣化したりするので

それなら防水ではなくてウインドパーカーとかがあります。

 

どうしても防水が必要なら1着ゴアテックスを買っ方が良いと思います!

 

 

人によっては劣化するのをわかってるけど

これで良いという方もいらっしゃいますし

登山とかで買い換えていくから

あえてコスパの良い方を選んでるという方もいらっしゃるので

全部が全部悪いとは思わないんですが

劣化するのを知らないで買ってしまうと後でショックなのでお伝えしました!

 

 

 

【ブログ担当K山の一言】

こんなにボロボロになるなんて…

知らないで買ってたらショックですね…

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

takuzooo

はじめまして。奈良出身大阪在住。YouTuberのタクゾーです。私は平成元年に「ケーキ屋」の息子として誕生。小中と野球に明け暮れ、高校生の頃は偏差値34の高校に通い、その後もう勉強のすえ高校から唯一1人でセンター試験を受け無事大学に合格。その後大学を退学・教員採用試験に合格・うつ病発症・YouTuber転身。

-ファッション
-, ,

© 2022 元教員タクゾーの落書き