ファッション ザ・ノース・フェイス

【ノースフェイス比較】「マウンテンジャケット」と「マウンテンライト」何が違うの?

 

 

永遠の比較 “マウンテンJKT” と “マウンテンライトJKT”

 

 

 

『マウンテンライトジャケット』『マウンテンジャケット』の比較は

今回で4回目になるんですが新しい発見がありました!

 

視聴者の方にアンケートで

マウンテンライトジャケットマウンテンジャケットの違いをお聞ききして

僕が気づかなかった点を気づくことができました。

 

 

・ブラック【マウンテンジャケット】

最強でハイスペックなジャケットで

価格は5万5千円になります。

 

・ベージュ【マウンテンライトジャケット

価格は4万円切るぐらいになっています。

 

約1万5千円の違いをお伝えしていきたいと思います。

 

1・視聴者さんが感じるマウンテンライトとマウンテンジャケットの “違い”

 

マウンテンライトとマウンテンジャケットの【違い①】

 

【生地感】

 

マウンテンジャケットの方が少し生地が “分厚く”

マウンテンライトジャケットの方は生地が “薄い” です。

 

生地の厚さとしては倍ぐらい違います。

 

マウンテンライトジャケットの方は柔らかい感じです。

 

 

マウンテンジャケットの方は生地が固い感じです。

 

 

マウンテンライトジャケットは手を曲げても柔らかいので

動きづらさとかのストレスはありません。

 

裏生地もあるのでペラペラという感じもありませんし

表の生地もしっかりした生地を使っています。

 

生地感が違うという方が多かったのですが

どちらが好きとは聞いてないんですが

マウンテンライトジャケット

“ちょうどいい生地感が好き” というのが非常に多いです。

 

 

マウンテンジャケットは生地が固いとかは思わないけど

しっかりしてる感じはあります。

 

 

数値で表すと

マウンテンジャケットが「150デニール」

マウンテンライトジャケットが「70デニール」と

倍以上違います。

 

マウンテンライトとマウンテンジャケットの【違い②】

 

【ベンチレーション】

 

 

脇の部分にジップがあり開けることができます。

 

僕がベンチレーションを1番使うのは自転車に乗ってる時です。

 

自転車を漕いでると暑くなってきて

前を開けると寒いがベンチレーションを開けると

籠った熱が逃げていき

ほどよく寒くなったらまた閉めます。

 

 

それ以外には電車の中です。

 

電車の中でジャケットを脱ぐのは周りの方に迷惑になるので

ベンチレーションを開けるだけで暑いのがマシになります。

 

このベンチレーションはマウンテンジャケットにあり

マウンテンライトジャケットにはありません。

 

マウンテンライトとマウンテンジャケットの【違い③】

 

【襟元が高い】

 

マウンテンジャケット

全部閉めると顎の所までしっかりと高さがあります。

 

僕がコレの恩恵うけたのは

冬場の自転車に乗る時に首から風が入ってきて寒いんですが

マウンテンジャケットは襟元が高めでヒゲが隠れるぐらいまであるので

風が入ってきにくいです。

 

 

マウンテンライト

1番上まで閉めても首が見えてしまい隙間もあります。

気になる方はネックウォーマーなどを付けたら良いと思います。

 

マウンテンライトとマウンテンジャケットの【違い④】

 

【重さ】

 

この重さはメーカー表記になってます。

 

マウンテンライトジャケットは「705g」

マウンテンジャケットは「880g」にあります。

 

差が『175g』あり

175gは缶ビール半分ぐらいの重さです。

 

缶ビール半分ぐらいの重さを感じますか?と言われたら正直感じないと思います。

 

その要因は脇のベンチレーションにジップがあったり

生地が分厚いなどで175g重くなっていると思います。

 

意見でマウンテンジャケットは重たいという方もいらっしゃいました。

 

マウンテンライトとマウンテンジャケットの【違い⑤】

 

【フラップ】

 

マウンテンライトジャケット

着用して上までジップを閉めてフラップを閉めていこうとする時に

全部ボタンになっています。

 

1個1個留めていかないといけない…

これがめんどくさいです。

 

めんどくさい方はフラップを閉めなかったら良いと思います。

 

 

マウンテンジャケット

ジップを上まで閉めるとフラップはマジックテープになっているので

フラップを重ねて上から撫でたら終わりです。

 

外す時も1番上のボタンだけ外してあげて

マジックテープなので剥がすだけになります。

 

この違いは使わないとわからない違いです。

 

マウンテンライトとマウンテンジャケットの【違い⑥】

 

 

マウンテンジャケット

裏の生地のメッシュが若干違ったり、スノーカフが付いてたりします。

 

マウンテンライトとマウンテンジャケットの【違い⑦】

 

【フード】

 

 

フードがマウンテンライトジャケットはペタンとなりやすいけど

マウンテンジャケットの方はふっくらとしています。

 

マウンテンライトジャケットは生地が薄いのでペタンとなりやすいが

マウンテンジャケットは生地が分厚いのでふっくらしやすいです。

 

若干設計も異なります。

 

おすすめの人は?

 

コスパ重視とかより手軽な物が良い方は

マウンテンライトジャケットになってきますし

 

もう少し見ためもカッコよくフードを立体的にしたりとか

前のフラップのマジックテープで着脱しやすくしたいとか

ベンチレーションの方が良い方はマウンテンジャケットになってきますし

みなさんが普段使う時にどこまで求めるかになります。

 

ベンチレーションなんていらないとかフードが寝てても何とも思わない方は

マウンテンライトジャケットで十分です!

 

でも毎日のことなのでボタンを1個1個付けるのはめんどくさい方などは

マウンテンジャケットの方が良くなってきます。

 

 

【ブログ担当K山の一言】

迷いますね~!

最初に購入するならマウンテンライトジャケットで

良いなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

takuzooo

はじめまして。奈良出身大阪在住。YouTuberのタクゾーです。私は平成元年に「ケーキ屋」の息子として誕生。小中と野球に明け暮れ、高校生の頃は偏差値34の高校に通い、その後もう勉強のすえ高校から唯一1人でセンター試験を受け無事大学に合格。その後大学を退学・教員採用試験に合格・うつ病発症・YouTuber転身。

-ファッション, ザ・ノース・フェイス
-, , ,

© 2022 元教員タクゾーの落書き