ファッション ザ・ノース・フェイス

【購入】ノースフェイスで売れ筋「ドットショットジャケット」

 

 

ノースフェイスで売れまくってるマウンテンパーカを紹介

 

 

1・全体を見る

 

ノースフェイス ドットショット

迷彩バージョンは普通の色より値段が高くなっています。

 

 

ノースフェイス ドットショットノースフェイス ドットショット

ポケットは両わきにあり

ジップは止水ジップではないので上からフラップが被されてます。

ポケットの大きさは長財布が入る大きさです。

 

 

ノースフェイス ドットショット

ポケットの裏はコーティングされています。

 

 

ノースフェイス ドットショット

メインのジップも止水ジップではないです。

 

 

ノースフェイス ドットショット

袖にはベルクロが付いているので

手首の調節が可能です。

 

 

ノースフェイス ドットショット

価格は¥24,200になります。

 

2・特徴

 

防水なので梅雨時期3150

 

ドットショットは【防水】のジャケットになります。

 

ノースフェイスのアイテムは「防水の物」もあれば「撥水の物」もあります。

 

これは防水なので全然濡れないので台風の時も安心して着られます!

 

ゴアテックスと何が違う?

 

防水だがゴアテックスではないんです!

 

【ゴアテックスって何?】

防水の王様です!

 

様々な試験や実験をたくさんやって

最先端のアメリカの技術を使ってるのがゴアテックスです。

 

ドットショットはゴアテックスではないけど性能は一緒で

防水で蒸れにくくなっいます。

 

 

【性能が一緒なら安い方が良いと思うが?】

性能が一緒でもゴアテックスではない物は劣化してしまうんです。

 

【何で劣化するの?】

裏の生地にポリウレタンというのがコーティングされていて

このポリウレタンが湿気に弱いんです。

 

梅雨の時期は湿気なんてどうすることもできないです!

いくら除湿機をかけても湿気はあるので

それに反応して劣化していき

コーティングがポロポロ剥がれていったりネバネバしてきたりします。

 

これがゴアテックスと違うところになっています。

 

それ以外に着心地も若干違います!

ゴアテックスのジャケットと比べるとカッパっぽいです。

 

圧倒的なコスパ(ノースフェイスの中で・・)

 

ノースフェイスの他のジャケットだと3万円超えてきたりします。

この迷彩柄は¥24,000だが単色のカラーの方は2万円前後で購入できるので

コスパは良いと思います。

 

ジャケットの性能としては

ノースフェイスから出してる3万円のジャケットと

そんなにクオリティーの差はないんです。

 

ベルクロが付いていたりジップがあったりポケットがあったりと

性能が劣ってるっていうのはないです。

 

3・デメリット/おすすめの人

 

デメリット

 

【劣化する】

たまにコメント欄で “5年ぐらい使ってるけど劣化しませんよ!”

という方もいらっしゃいます。

 

それはたまたま地域とか気候の湿度が低いところに住んでたり

湿度が低いとこで保管してたから

劣化しなかっただけで

物理的に日本にいる以上湿度が高いから劣化はします。

 

それが3年で劣化するか5年で劣化するかはわからないです。

 

おすすめの人

 

・劣化するのをわかったうえでも値段的に良いと思われる方

 

劣化しても中がボロボロになってるだけで

外観は変わらないです。

 

4・サイズ感

 

・178cm 69㎏ XLサイズ

 

サイズ感はクライムライトジャケットに似ています。

少し着丈が短いです。

 

ノースフェイス ドットショット

 

正直な本音(劣化すると防水性能なくなる)

 

☆でいうと2.0

 

せっかく2万円も出すから長く使えるジャケットが良いです!

中がボロボロになって修理に出しても

中のボロボロは対応してもらえないです。

 

もう一回コーティングをかけたりはできないです。

それならもう1万円出してゴアテックスのジャケットを買いたいです!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

takuzooo

はじめまして。奈良出身大阪在住。YouTuberのタクゾーです。私は平成元年に「ケーキ屋」の息子として誕生。小中と野球に明け暮れ、高校生の頃は偏差値34の高校に通い、その後もう勉強のすえ高校から唯一1人でセンター試験を受け無事大学に合格。その後大学を退学・教員採用試験に合格・うつ病発症・YouTuber転身。

-ファッション, ザ・ノース・フェイス
-, , ,

© 2022 元教員タクゾーの落書き