幼少期からのアトピーを完治させるまで 人生番外編

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎

私は物心がついた時からアトピー性皮膚炎だった。

特に腕の関節、膝の裏の関節、首元、などが特に症状としてひどかった。

 

アトビーじゃない人からすればどんな痒みか想像できないと思いますが
今まで味わったことのない猛烈な痒み、例えるなら蚊に刺される何十倍もかゆい状態です。
なので我慢できずに無意識のうちにかいてしまってるんです。

 

そして後々からかいた所を見ると、かきすぎて血が・・・

「あーまたやっちゃった」と後悔するんです。

 

幼少期はアトピーを気にしていなかったが、夏が近くなると服装が軽装になり半袖や半ズボンになる。周りの友達と自分の肌が違うことで自分がアトピーだと言うことに気づく。

思春期の中学時代のアトピー

もちろん親は病院に連れって行ってくれて薬を塗っていた。
アトピーの人なら多いと思うがステロイドを塗っていた。

この薬はとても良い薬ですが、なんせ副作用がきついためこの薬を一度でもやめてしまうと前以上に痒くなり肌がボロボロになる。なので一生この薬を塗り続けなければならなかった。

 

もちろんこの薬が体に合ってずっと使っている人も大勢いるが
私の母は他にも色んな方法を試してくれた。

・薬を変えてみたり
・化粧水や保湿クリームを換えて乾燥しないように心がけたり(アトピーの人にとって肌が乾燥する事は敵)
・入浴の際に備長炭の入浴剤を入れてみたり
・体を洗うタオルを変えてくれたり

他にも様々なことを調べたり聞いたりしては取り組んでくれた。

 

しかしその頑張りも虚しく一向に成果の出ないまま私は中学生になった。

ちょうど思春期でこのアトピーがとても嫌だった。

周りの友達と会話していてもアトピーを見られている気がしたり

友達が悪気なく「どうしたんその腕?」

と心配してくれて聞いてくれただけでも、汚い肌を見られた。と思っていた。
当時の私はアトピーに関してかなり敏感になっていた。

 

そして母にある日こんな言葉を言った。

「こんな肌になるんやったら生まれてこやんかったら良かったわ‼︎」

母はびっくりした顔をした後、黙って下を向いて何も言わなかった。

中学生ながらにとても申し訳ない気持ちはあるが、このアトピーが完治しないモヤモヤをどこに当てていいのかもわからない。

そんな毎日の繰り返しだった。

 

無残にもアトピーの症状はひどくなるばかり・・・・
かきすぎて血が出てその後、透明のウミのような液体が出てくる。そしてそれは服とひっつき、服を脱ぐときには完全に地肌と引っ付いているので「ベリベリ」と音と共に服を脱がなければならない。

この時にはもう自分に自身に対する自身みたいな物は全くなくなってきた。
アトピーが酷すぎて学校を休んだ日もあった。

 

そこで父が、普段から通ってる整体師さんから光線治療と言うのがあると聞いてきて一度整体に行って光線治療をして見てはどうかと言われた。

私はアトピーにお手上げ状態で打つ手がなくなっていた状態なので試すしかないと思って一か八か向った。

知らない人にアトピーを見せる勇気はいるが久々の新しい治療。
当時2000年過ぎくらいの時光線治療と言うカーボン同士を当てて電気のような光線を当てる治療がスポーツ選手でも流行していたようで、骨折やケガなどに光線を当てて治療する技術がドイツから入ってきたようだった。

実際光線を当てて見ると、電気の光線に肌を当ててる(焦がす?)ので治療してる雰囲気はある。

でも効果があるかわからないがそれをしばらく続けることにした。

一度整体に行くと3000円。それが毎日になると購入する方が良いだろうということで父は20万の機械を買ってくれた。電気の副作用で眠くなるので当てる日は1日学校を休んで家で当て続けた。

 

そのタイミングでずっとやっていた硬式野球を辞めた。野球をやっている時は肌が荒れてるとか関係なく飛び込んだり雨に打たれながら野球をするので猛烈にかゆい日も合った。

全てのタイミングが重なって私のアトピーは重度から軽度になった。もちろん周りの人からはアトピーって気づかれるけど血がダラダラ流れたりウミが出てきたりすることはなくなった。

実際効果的だった事

一学年下に弟がいて弟もアトピーだが、弟はこの方法では治らなかった。

後に大人になり生活習慣や飲み物などを体に良い物にしていくことで完治した。

 

私も大人になって初めて完治した。光線治療は中学時代の1年間集中的に行い。後は細かい生活の質を上げた。

・空気を綺麗にする(空気清浄機)
・ジュースやお茶をやめる(水のみ)
・タバコをやめる
・何種類もの化粧水を試して値段が高くても安くても自分にあった物を使う
・皮膚科からもらう薬は飲まない(医者は即効性のある薬を出すが完治する薬ではない場合が多いと勝手に思ってる)
・肌に触れる物にはきを使う(服・タオル・洗剤等)

 

これらをする事でアトピーが全くなくなり、完治することができました。
現在29歳ですがもっと早く上記の事をやってれば良かったと思っています。

 

これらの事はアトピーに効くか効かないかは置いといても、決して体に悪いことではありませんよね?

むしろ体に良い事なので是非やっていただきたいです。

 

アトピーに悩んでる方がいたら、すぐに治したい気持ちはわかります。
すぐに直そうとして結果が出ないとイライラしますし、自分が嫌になりますよね?
焦らないでください。遠回りに見えてもその道が実は一番近道だという事もあるかもしれないですね・・・